Taoつれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三時草

<<   作成日時 : 2014/09/07 22:41   >>

トラックバック 0 / コメント 10


午後三時ごろにやっと花を咲かせるから三時草とも呼ばれ、咲いてから2〜3時間もすると
しっかりと閉じてしまう花
春先から晩秋にかけて、ちょっとした草むらやアスファルトの裂け目に、こんな花を見掛けませんか?
画像


では、こちらは?
画像


これは、ハゼランと言う名の帰化植物
一日の殆どは固くしまった蕾なので、2枚目の写真の方がお馴染みでしょうか?

ランと名づいていますが、ラン科ではなくスベリヒユの仲間  
別名はハナビグサ、コーラルフラワーなど

朝顔のように早起きの花、のんびりと午後遅く開く花、いろいろありますね









月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなんですよ・・・
毎年、通り道のアスファルトの隙間から必ず生えているサンジソウの花。
誰もわざわざ抜こうとはしないから、いつも挨拶する町内の人みたいに顔なじみ(^^ 
でも、余にも日常なのでカメラ持っていても撮らない(^_^;) 
愛らしいのにネ!
スベリヒユの仲間ですか・・・
MONA
2014/09/08 21:42
MONAさん
エノコログサ、露草、へ○○かずら、センニンソウ・・・
お互いを引き立てあう道ばた植物園もなかなか捨てがたいですね。
きちんと植栽された花壇よりも、ずっと親しみやすくって小さな
挨拶と笑みがこぼれます。
何気ない日常、本当に癒されるのは、こうしたお馴染みさんですね。

Tao
2014/09/09 22:36
見たことがあるような・・?ないような・・?
三時草、覚えました。
きっとすぐ出会える気がします。♪
ikako-27
2014/09/12 12:30
ikako-27さん
きっとご覧になっていると思いますよ。
でも、気づかれにくいって、植物としてはどうなのでしょうね。
三時草より、ハゼランって呼ばれる方が多いかな?
こちらせは、まだたくさん咲いていますよ。
見つかるといいですね。


Tao
2014/09/12 21:30
おはようございます。かわいい花ですね。
「南米原産明治時代に鑑賞用で輸入され、今では道端で野生化…」(BYウイキペディア)
まったく気が付きませんでした。
山を歩けば花に注意が行くのに、道端の野花には注意を向けていません。反省反省。
行まで歩いて通勤しているので、よ〜〜く観察してみます。
本読みと山歩き
2014/09/20 07:00
このお花、知りませんでした。小さなお花のようですが、とっても愛らしいお花ですね。一晩しか咲かないお花、朝咲くお花、昼に咲くお花・・・皆それぞれ個性があって良いですね。^^
Lily
2014/09/21 21:32
本読みと山歩きさん  こんばんは!
返信が遅くなりごめんなさい。
20日から、孫のディズニーランドレビューに付き合って、三家族
2泊3日で人混みとアトラクションに攪拌されて来ました(@_@);;
山歩きさんの硫黄岳とは大違いですね。
いつか、孫娘の山デビューを!・・・と楽しみに目論んでいます。
Tao
2014/09/25 20:47
Lilyさん  こんばんは!
ハゼランは、つぼみも閉じた花もビーズのようにキュートで
まるで線香花火のようです。
眠ったり弾けたり、植物もいろいろ楽しませてくれますね。
自分のペースでって・・・、いいですね(^_-)☆
Tao
2014/09/25 20:58
Taoさん、
有川浩の"植物図鑑”で、知らなかったいろいろな雑草のことをたくさん教わりました。
雑草の先生、チョーイケメン、イツキが、唯一分からなかったのが、これでした、、、
きぬえ
2014/09/28 09:21
きぬえさん
”植物図鑑”ちょうどお友達に借りて今手許にあります。
面白くて一晩で読みました。
三時草の描写も的確ですね。梅仁丹!そのと〜おり!
小さい時、アカザの胡麻和えも食べましたよ。
絶滅危惧種なんて聞くと何やら高級食材のようですね。
何でも”代用食”の時代でしたから、これもホウレンソウ
の代わりだったのかな?
コクがあって美味しかったの覚えています。
Tao
2014/09/28 20:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三時草 Taoつれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる