Taoつれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS はさみの音

<<   作成日時 : 2014/06/14 16:20   >>

トラックバック 0 / コメント 4


朝から植木屋さんのリズミカルな はさみの音が響いている
鬱陶しく茂った山桃の木に登っていて姿は見えないけれど、思い切りよく茂った枝が
小気味よくバサバサと落ちてきます
今日は外出の予定なし

画像
そろそろかな?と気になっていた2月に仕込んだ味噌を開けてみた
いい香り、山吹色もしっとりと うまく熟成したようです
ばんざ〜い!


画像
イングリッシュローズのスカボロフェアが窓辺から覗き込んでいます
サイモンとガーファンクルでお馴染みのスカボロフェアの歌詞はとても難解なのに
同じ名前の この花はいつ見ても初々しくて優しい 

画像
二日酔いのようなおぼつかない様子で、ふらふらと飛んできたお歯黒トンボ

画像
フェイジョアが今年初めて花を咲かせました

陽射しは激しく眩しいのに、突然 大粒の雨が降ってきた

はさみの音は止まらない

神経を研ぎ澄ませ気持ちの良いリズムを刻む はさみ遣いの音は、いつもながらのすっきりした仕上がりを
保障している
今日は私も この集中した音に合わせて わき見しないで働こっ!と思ったのですが、
なかなか難しいのですね〜、これが。 あっちこっち手を出しては散漫なこと

画像
  緑のマントを被ったような山桃の木は見事に剪定されてスッキリしました
職人、と呼ばれる人の仕事を見るのが大好きな私

帰られてから、すっかり明るくなった木の下に佇みました
太い枝から一本の細い枝を選び、均等に枝先に葉を残し、再び茂った時に綺麗な形になるように仕上げていて
バラの剪定の時のお手本になりそう 
木を透かして青空を見上げると、枝のリズミカルな形がとても気持ちがいい

怠け者の私もちょっとばかりピリッとしたかな?














月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お味噌を作られたのですね!
素晴らしい〜(^^
バラの花やヤマモモの木、トンボ・・・優しい気持ちになりました。
職人・・・先日行ったバルテュス展の絵をみて、そう思いました。
芸術家という言葉は嫌いだ、自分はまず職人であって画家だ。
という生き方にジンときました。
MONA
2014/06/15 23:55
きれいなお味噌・・。
美味しそう〜!♪
毎年、冬になると今年はお味噌を作ってみようかしら?・・
と思うのですが未だに出来ません。
植木屋さんが入った後、木々の間から見上げる空が眩しく、
清々しい気持ちになりますね。
Taoさんのお庭にはヤマモモの木があるのですね。
実は生りますか?
神戸にはお庭のヤマモモの木に因んで「山桃荘」と名付けて
週一回、お家を開放していらっしゃる方がおありです。
私も職人に惹かれます。
生まれ変わったら職人になりたいです。
ikako-27
2014/06/16 11:56
MONAさん
”職人であって画家だ”バルテュスの言葉 頷けますね。
そして彼ならではのあの作品。幻惑を覚え、惹き込まれます。
昨年は、どうも味噌作りの気力が不足していましたので豆を
煮ることは省略して、生活クラブの茹でてある大豆を使いました。
塩と麹に合わせるだけ! 達成感は半分になったけれど
やはり手前味噌はいいですよ〜。
Tao
2014/06/16 21:38
ikako-27さん
味噌作り、こんなに怠け者の私でも大丈夫なのよ。
どうぞ、試してみて!
我が家の山桃は雄株です。残念だったけれど、今は
良かったなあって思っているの。
ポタポタ、地面に落ちてる真っ赤な実、お掃除しなく
てもいいのですもの。
私達の子供の頃は、身の回りに職人さんがいっぱいでしたね。
畳屋、大工、鳶職、壁職人、屋根屋、豆腐屋、籠作り、下駄屋
飽きずに見ていましたね。
袋職、ジャム職人ikako・・ちゃ〜んとなっていますよ!
「山桃荘」素敵! 我が家は欲張り過ぎてて風情が足りないなあ。


Tao
2014/06/16 21:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
はさみの音 Taoつれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる