Taoつれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 頼もしい ヤギ!

<<   作成日時 : 2015/06/12 22:12   >>

トラックバック 0 / コメント 6


画像
みなさん、こんにちは! 僕たち私達は、都市再生機構(UR)という団地を管理する会社
から町田市内の公団団地に派遣された4頭のヤギ草刈隊員で〜す

画像
おいしい草がたっぷり生えている、この団地内の空き地に勤務するのは、今年で3年目
毎日ここで、ひたすら喰っちゃ寝喰っちゃ寝・・・と任務に明け暮れています
どうぞよろしくね

画像
と、言う事で 今まで、団地内の広い空き地の除草を人や機械を使ってしていましたが、
ヤギを放して見たら良いことづくめな事が判り、それで毎年の出番となりました

初めて空き地に放された途端に、早速ムシャムシャと仕事に励み始めて勤勉ぶりを発揮し、
見守っていた人たちを安心させたそうです
画像
ヤギ達の暮らしは、一日のうち食べているか寝ているか
のどっちかで、排泄物は乾いていて無臭、すぐに土に還るのでフン害が無いうえ、他の動物のように
草の好き嫌いが無くどんな草でも食べる優等生です

除草機や人が入れない急斜面も何のその、バリバリ食べ進む上、草刈り機のように刈り取った草を
集めて処理する手間も費用もゼロ  
1000平方メートル分の雑草を焼却すると117キログラムのCo2が排出されるそうですが、それに比べると
ヤギ除草は地球にやさしく、経済的ですね 
その上、機械で刈った時よりも、草が生えて来にくいとは!

昨年9月下旬〜11月下旬の約2カ月で4頭が約5千平方メートルの緑地の草をほぼ「完食」
1頭が1日約4.5キロも食べることが分かったそうです     
画像
それにしては細身ですね〜 食べても太らないなんて羨ましいこと
この除草隊が活躍するのは、毎年5月から11月ですから、小さなヤギなのに頼もしい限りですね

今年も4頭が草を食べていました みどりの草っ原の中に小さなテントと水飲み場
原っぱの真ん中に架かる橋の上から眺めていると、じ〜っとこっちを見る人懐っこさ、やさしい目
いつもお年寄りや、子供連れが立ち止まって覗きこんでいる癒しスポットです

画像
橋の上に去年はこんな歓迎ポスターもありました

時々、水を補給する以外 全く世話をしていないそうで、台風の時も それぞれ木の下やテントの中で
騒ぎもせず思い思いに過ごしていたそうですから管理も楽ですね

市内3か所の団地で仲間が活躍しているのも判ります
ヤギを見直そうと開かれる「全国ヤギサミット」も今年で16回目だそうです
働き者のヤギが もっと活用されるといいですね

梅雨が明けると、暑さにもめげず、ますます任務に励む姿が見られるでしょう
少し遠回りしてヤギを覗きに行く・・・、今年も楽しみです



月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですね〜!
テレビでは時々話題になるけれど、Taoさんのご近所にもいるのですね。
お孫さんが来たら、一緒に見に行くのでしょう?
でも、北海道で馬に乗ってるのでしたっけ?
MONA
2015/06/15 21:39
MONAさん  こんばんは♪
昨年は、この緑地に着いた途端に赤ちゃんが生まれて、
母子共に、お里??に帰ったそうですよ。
細身だから、臨月でも判らなかったのかしら?
のんびりと柔和に見えるヤギだけれど、意外にタフなのですね。
活発になった孫娘と こんな原っぱを歩きたいです
ほら、あの”野に咲く・・・”を歌いながら(*^_^*)

Tao
2015/06/15 23:46
こんにちは。
赤い首輪の真っ白なヤギさん、よく似合って可愛いですね。
車でさぁ〜と通りかかってみたことがありますよ。
ふ〜ん、一日に1頭、4,5キロもの草を食べるのですか〜。
ヤギのお仕事は、そういうことなのですね。
市内の3箇所とは知りませんでした。
私が見たのはY団地でした。こどもたちが側にいましたよ。
何かのどかでいいですね〜
はなこ
2015/06/17 17:06
はなこさん
そう、このヤギもY団地の除草隊員ですよ。
私は小さい時、ヤギの乳を飲んだことがありますが、
若いはなこさんは、知らないでしょうね。
もっとも小さかったので、どんな味だったかは覚えていないけど。
4,5Kgの草ってかなりの仕事ぶりですが見ているとのどかに
モグモグモグ・・。
ヤギも、配合飼料など食べているよりも楽しいでしょうね。
赤い首輪は♀、青い首輪は♂、それぞれ2頭づついるのですって。

Tao
2015/06/17 22:26
こんにちは  ヤギさんも沢山のご馳走に優しい眼差しに---
そして 自然に優しく 人にも安らぎを、良いことずくめですね
過去に 書かれていた 諦めないで!のタイトルの文面を、今一度拝読いたしました。  お友人の病との戦いは、心身ともに過酷であられたと思います。
そして、あなた自身何をしてあげたらばと、心馳せる思いに、目頭が熱くなりました。
 今私も同じ思いなのです。 梅雨空のごとく心が重く感じます。
心通わす友人夫婦の 旦那様が倒れられ 回復をしたものの、再度の入院 
彼女とは、構えることなく何でも話し合え 行動を共にしても不快な思いを
一度たりとも感じたことのない 大切な友人なのです。
 言葉かけも 何かの手助けも 思うばかりで-- 気持ちのから滑りの日々に
 さみしさが増してしまいます。  齢を重ねるということは、こうゆうことよ!
 と、私には割り切れない心境なのです。
 ゆっくりと回復され、元の日常に戻られる様願うばかりでおります。
 文字上のお知り合いの貴女様に、胸の内を吐露してしまい失礼いたしました。
つぶやき婦人
2015/06/18 12:58
つぶやき婦人さま
ようこそ! 今の辛いお気持ちをお察し致します。
心許しあうご夫婦同士であればこそ、その御伴侶のこうした
状況は辛い事ですね。
その奥様もショックとご心痛で、今が一番動揺していらっしゃる
のではないでしょうか?
そんな中、あなたにお知らせになったことは・・・。
友人の闘病に向き合うのは、歯がゆく辛いことだと実感しています。
どうぞ、いつも心に掛けて上げていて下さいね。
そう過ごしていれば、きっとお声を掛けたり、お会いしたりという
きっかけが見つりますよ。
祈りって通じるものだなと、教えられた事もあり、どんなに
ホッとしたことか。
重苦しい雨と、憂鬱な雲の垂れ込める日が続いていますね。
辛いお気持ちをお知らせいただき、ありがとうございました。
どうぞ、その奥様の為にも、明るいつぶやき婦人さまで
いらして下さいね。
Tao
2015/06/18 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
頼もしい ヤギ! Taoつれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる