Taoつれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 広がれ! フットパス

<<   作成日時 : 2015/03/29 23:05   >>

トラックバック 0 / コメント 6


フットパスって、ご存知ですか。 発祥はイギリス
歩くための小径、トレイルと言う意味で、イギリスでは全国に網の目のように広がっているそうです。
自然に触れたり、その土地の伝統や文化に出会ったりしながら”歩くこと”を楽しんでいるのです。

団体で温泉旅行をしたり、飛行機や新幹線に乗って有名な観光地に出かけて
お金をたくさん使うツアー旅行などとはちょっと違う楽しみ。
身近な所を歩きながら、そこらしい自然や、歴史を語る古いもの、知らなかった事を見つける
そんな楽しみ方を教えてくれるのが、今あちこちに広がっているフットパスです。

でも、歩いてみたい!と思っても、フットパスのガイドブックはなかなか見つかりません。
手引きをしてくれるガイドマップも、日本ではまだ どこにもあるわけでは無いのです。

私の住まいの近くにある里山 小野路では「みどりのゆび」というNPO法人がフットパス作り、維持、運営、
マップの作成や、頻繁な催し(ほぼ毎週ウォーキングやイベント)など活発で先進的な活動をしています。

そしてフットパスを広めるために、経験から学んだことを基に各地のフットパスの立ち上げや
地図作りなどに助言や協力をしています。

昨年は、千葉の大貫という古い村の方々が、里山、小野路のフットパスの見学に来られました。
そこで先日は私達が、皆さんの整備したばかりのフットパス「大貫古道」にお邪魔しました。
力を合わせてここの下草を刈り、道を整備した熱心な会員の方々に案内された所は
素晴しいトレイルでした。
由緒ある古刹、小松寺をスタートして辿った古道は古びた遺跡が点在し、何よりも太い株立ちの椎や楢の
尾根道の素晴らしさ、そこから垣間見える海や富士山の展望
天然のシイタケやなめこの生えている豊かな自然にビックリしました。 
下草も瑞々しく、種類もたくさんありました

一度会っただけなのに、まるで自分の家を訪問しあった友達のような暖かな時間。
下山に合わせて、お餅をつき、お芋を焼き、特産の菜花のお料理や漬物で、おもてなしを受けました。
フットパス同志に生まれた頼もしい連帯感はきっと根強いパワーを発揮することになるでしょう。

画像
出来上がったばかりのPathには、手作りのガイドマップも完成していました。
まだまだ検討を重ねて、たくさんの情報が書きこまれるようです。 また行ってみたい!と思うコースでした。

こうして、少しずつフットパスが増えて行くといいですね。
旅行でもない、山登りでもない、人々の暮らしや歴史を感じ、自然を五感で味わいながら歩くこと。

フットパスが出来たことで、そこに住む人々も自分の住む村が町が、わざわざ人が訪ねて来てくれる
場所だと知ることで、住み慣れた場所を見直し、嬉しくなるでしょう
畑や裏の小山が美しいと気づくことは張り合いを生みますね。 
何らかの経済的な効果も出て来るかもしれません。
意識が生まれれば、きっと何かが変わるでしょう。
北海道から九州まで、少しずつですがフットパスは増えつつあります。

色々なフットパスを訪ねてみたいと思います。 
そしてゆとりのあるこの楽しみが広がったら、自然破壊にもストップがかかるでしょう。
小野路も市の開発計画の予定地でしたが、見直した結果、東京都ではたった一か所の
日本里山百選に選ばれる程の自然が残ったのですから。




月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
小野路、素敵なところですね。
秋に行ってみたい。
MONA
2015/03/31 22:35
人生の半分をこの街で暮らしてきたのに、私は周りをほとんど知りませんでした。
機会あって、友人と毎月一回のフットパスを楽しむようになり、自分の住む町が
こんなに奥深い里山や歴史を感じる地形があるって知った次第です。
あせらず急がず、自然の雰囲気を味わうフットパスの一歩を気長に続けられたらと思っています。
そのうちに印象に残る私の好きな里山に出会うかもしれません。楽しみです。
はなこ
2015/03/31 23:09
MONAさん
秋もいいですよ! 本当に里山の良さを感じます。
待っていま〜す(*^_^*)
Tao
2015/04/01 15:44
はなこさん
私もここの良さを知ったのは、長い間住んだ後でした。
楽しい絵地図、Foot Path1号と2号を買って、それを
見ながら歩いています。これはとてもお勧めです。
駅前の本屋さんにありますよ!
今日も雨が降る前にと、桜を見に行ってきました。
里山資料館での、Foot Path原画展を見がてら・・・。
Tao
2015/04/01 15:53
フットパス、まさに私が高校時代からやっているワンダーフォーゲルの世界です。
少しずつ広がっているようですね〜
尾張にもナショナルトラスト運動で復活した愛岐トンネルがあります。
2010年4月17日の記事で、Taoさんから初めてコメントいただきましたのも英国のフットパスの記事でした〜〜
本読みと山歩き
2015/04/04 10:17
本読みと山歩きさん
そうでしたか?フットパスが最初なのですね。
私はベルギーのブルーベルが林床を覆う記事が初めかな
と思っていましたよ。
愛岐トンネル群って、面白いですね。
自然だけでなく、こんな風に歴史的な遺構も利用して、
色々なフットパスが広がりつながるといいですね。
それにしても、この活動に携わる方々の魅力的な事!
Tao
2015/04/04 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
広がれ! フットパス Taoつれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる