Taoつれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS Valentine's Dayの夜に

<<   作成日時 : 2015/02/15 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 4


昨日はバレンタインズ デイ
静かに暮らす我が家にも、孫や御嫁さん達から、チョコレートやカードが届き
主役のotto ばかりか、私にまで思いがけなく基礎化粧品のセットが添えてありました

おじいちゃん、だいすき と孫からのカードの文字も、 もうちゃんと読めます
ありがとう、ありがとう!の電話も弾んで
チョコを巡る賑わいが、私たちの静かな暮らしにも彩りを添えてくれた朝でした

夕食後、お嫁さんからの電話が鳴りました

「お母さん、今、本を読んでいたんですけれど、とってもいいんです
どうしても、お母さんに読んであげたくなって・・・」と、弾んだ声

「85歳のおばあちゃん作者が自分で描いた絵も付いているんですよ」と、言いながら
感動した気持ちを そっくり乗せて読み始めました

”もしも、生まれ変われるなら
   こんどはもっとたくさん失敗したい
余計な力をぬいて いつもリラックスして暮らす
   そして、おかしな事をたくさんして暮らす・・・”

やり直せるなら、いろいろな事に拘らないで もっと自由に、思うままに暮らそう
といった趣旨の言葉が続きます

お嫁さんの朗読は、ページごとの挿絵も解説付きです
ここはね、おばあさんがカーボーイハットをかぶって馬に乗って投げ縄をしているんですよ〜
とか、詳しく詳しくおしまいまで

長い、愉しい時間が過ぎました

几帳面で頑張り屋のお嫁さん、柔和な性格のどこにひそんでいるのかと驚く様なチャレンジ精神も旺盛で
いろいろな資格を次々に取りながら、世話役を引き受け、育児に家事に奮闘中です
人生を季節で言えば、初夏の頃でしょうか
眩しいくらい張り切っている彼女が、これを読んで勇気づけられ、ほっとしている気持ちが伝わって来ました

私の事も、お母さんは頑張り過ぎです、と言って、我が家に来ると私を働かせないようにしてしまう彼女
私自身は、とても自由に生きてきたと思いますし、充分すぎるほど手抜きもし、
体力相応に暮らしているのですが、窮屈そうに見えるのかな?

読んでもらった本の名前は「もしも人生をやり直せるなら」 Amazonで調べてみましたら
詩は可愛い動画にもなっていました (↑書名をクリックしますと音楽付きの詩の動画が見られます)

作者?と思われているのは、ディーン・ステアと言う女性で84歳の時に書かれた詩だそうですが
本当に彼女の創作かどうかは不明なのだそうです

今netで調べるだけでも、かなり好きなように書き加え、言い直された詩が沢山見られます 
それだけ親しまれている証拠でしょうか?

読み聞かせの若々しい声と、丁寧に絵の説明をしてくれる優しいイントネーションが
耳の中でリフレインして、幼い日に戻ったような ちょっとくすぐったい気持ち
私のためだけの朗読 何よりも贅沢なプレゼントに心が温まったヴァレンタインの夜でした

ありがとう♪








月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お嫁さんとTaoさんのあったかな遣り取りが楽しい!
気兼ねなく話せる方なのですね。
お孫さんも大きくなって、三世代で楽しいこと、いっぱい出来そうです。
MONA
2015/02/16 21:46
賑やかで忙しい子育てが終わって幾分の時間が過ぎると、また賑やかな時間が流れるようになるのですね。
それも新しい家族となった娘さん(お嫁さん)との新しい時間や新しい世界。
それも楽しみなことですね。

この詩が生まれたヒストリーが大きなアメリカらしいとも思え、私は「千の風になって」を思い出しました。

お嫁ちゃんは、この詩がとてもお気に入りだったのですね。
そして、その詩をtaoさんに、ぜひ聞いてほしかったのですね。
一緒に楽しまれたかけがえのない深い時間になりましたね。
はなこ
2015/02/16 21:57
MONAさん
気に入った本やミュージカル、映画などを、伝えてくれます。
お化粧品のプレゼントも、自分で使ってみたら良かったからって。
でも朗読は、格別に嬉しかったです(*^_^*)
Tao
2015/02/16 22:53
はなこさん
私、彼女の声が、とても好きなので、気持ち良く耳を傾けました。
この詩からは、小柄で活発な愛らしいおばあちゃんの姿が目に
浮かびますね。「千の風に乗って」大好きな歌です。
この歌がはやった頃、みんなに言ってあります。
私が居なくなったら、この歌の様な風になっているって
思ってねと。特に2番の歌詞がいいですね。
秋は光になって畑に降り注ぐ
冬はダイヤのように煌めく雪になる
朝は・・・
Tao
2015/02/17 01:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Valentine's Dayの夜に Taoつれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる