アクセスカウンタ

<<  2011年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


森の木琴

2011/04/30 21:55
画像

楽しいムービーを見つけましたのでご紹介します。
山の傾斜を利用して、森の中に階段状に作られた44mもの長い巨大な木琴です。
木琴の製作・設置の監督は菱川勢一氏。

一番上に置かれた木の玉が転げ落ちていくと、自然に音楽が奏でられ 静かな自然の中に素朴な音が響きます。
聞こえてくるのはバッハのカンタータ147、主よ、人の世の喜びよ

森の木琴どうぞ、お聴きください。

小さな?木の玉が、大きな任務を負わされて一生懸命下りてくるように見えて、じっと見守り
トレモロの生まれる仕組み、絶妙に入る鹿の鳴き声に感心し、引き込まれてしまいます。
これは、docomoの木製の携帯 TOUCH WOOD SH-08C(限定15、000台)のweb プロモーションムービーです。
昨年末から九大の学生、サウンドアーティスト、大工など40名のスタッフが企画、製作に掛かり切り
最後の設置には1週間、山に籠って作ったそうです。大変だったでしょうね。
一番最後、コロンと転がった玉の横にユニークで素敵な木の携帯があるのも・・・広告とはいえ お見事ですね。

映像はNewYork Timesのブログでも絶賛され、あちこちで話題になっているようです。
間伐材の使用は森林の機能を守ることによって豊かな生態系を維持していく為にも、とても大切で
有用な試みです。 
日本ならではの発想と優れた技術によって四万十のヒノキ材で作られた携帯電話
坂本龍一氏など5人の発起人によって作られた森林を守るプロジェクトも
この「街から、森をハッピーに」の構想に係っているそうです。
大量生産できないので、1,500台くらいずつ 何度かに分けて発売されるようですよ。
右利きにも左利きにも、スムースに使えるように配慮したそうですが、思わず手に取りたくなる魅力がありますね。



記事へトラックバック 0 / コメント 17


花押し付けびと

2011/04/27 22:33
画像
花を押し付ける人って・・・?私の事です。
お庭のデザインは何年間も決まらず、花友達をやきもきさせていますが花は次々に咲いてくれます。
百以上の花をつけたクリスマスローズが2鉢、20〜30輪咲かせるものなら10種類くらい?
庭に地植えの物も、旺盛に花を咲かせています。
早く切らないと種が弾けて 庭中クリスマスローズだらけになってしまうので
思い立った日に ひたすらチョキチョキと花を切ります。
そうやって切ると、いくつも用意した花瓶はたちまちギューギュー詰めになって最後はバケツが登場します。

クリスマスローズは時が経っても枯れたり散ることもなく、花はしっかりしたまま色合いが変わってゆき、 
それもなかなか綺麗で捨てがたい美しさがあります。
切ったものの花瓶は重すぎる花にひっくり返りそう! 置き場もありません。

そこで! 花押し付け人になります。

長期不在だったお隣さんが、一時帰宅なさいました。
お庭で草むしりをしているご主人様に「お帰りなさい! もうお墓参りにいらしたのですか?」
「いえ、明日息子の車で行こうと思ってるのですよ」「あら、ではこのお花を少しお供えください!」
と、一束。

「Taoさ〜ん、おはよ〜」と物干場から声を掛けてきたお向かいさんに一束どさっと。

それでもまだピンクの大好きなクリスマスローズも山ほど残っています・・・。
最後の手段は獲物・・・いえ、どなたかが通られるのを さりげなく待ちます。

腕組みをした女の人がすたすたと大股で下を向いたまま坂を上ってきました。
「あの、これよろしければお持ちになりません?」いきなり声を掛けられたので「んぐ!」とビックリして変な声の返事。
眼は大量の花を見ています。「いいんですか?」 
暖かい日なのに茶色のコーデュロイのコートを着た人は組んでいた腕を解いてくれました。
「種が付き始めた物があるので外しましょうね」「種?蒔けばクリスマスローズ生えるんでしょ。種のも下さい」
初めてニコっと笑ってくれました。種を蒔くって聞いた私も嬉しくなってニコっ!
それでも、綺麗なのだけ選り分けようとしていたら、「今、友達の家に行くところです。二人で分けますから
全部下さい」  いい貰い手です!
包みますから!というのを、いえ、すぐそこですからいいですと そのまま花を抱えて行かれました。
やれやれ、兎に角 今日も大量に出たクリスマスローズは片付きました・・・・。

画像
百以上の花をつけていた鉢も、花を全部切り古い葉を切り落とすと、生まれ変わったように若々しい姿になりました。
あれ!まだ地植えの大株が・・・(>_<);;;

画像画像

押し付けびとから3日目の今日は、地植えのクリスマスローズと庭の隅に放っていたシンビジュームの
見落としていた花を切りました。 これも花瓶にバシバシと突っ込んで、パチリ!

画像


短い花をまとめて洗面所に・・・あんなに押し付けてもまだ家中がクリスマスローズ一色です。

クリスマスローズ、バラの時期、年に何回かこうして”花押し付けびと”になってしまう私です。






記事へトラックバック 0 / コメント 12


葉桜の頃・福島発ブログ

2011/04/21 23:17
画像

昭和記念公園の木々の芽吹きを見てきました。
色も形も様々に吹き出した新芽を眺めるのは、毎年のことながらドキドキする楽しみのひとつです。
遅咲きの桜も散り始め、桜吹雪が舞いかかります

花びらを放った後の葉桜
今年は桜を待つ気持ちも、花見の頃を推し量ることもなく終わってしまいました。
花びらをすっかり落とした赤い花托や萼をこれほど沁みじみと眺めた事があったでしょうか?
でも、来年は いつものように楽しんで開花を待ちましょう!
お花見はどこに?桜を撮りに行くのは、いつ?と心を弾ませて待ちましょう!
日本中のみんなで!
もう、こんなに気もそぞろ、胸傷み、恐怖や怒りに震える春はたくさんです!
完全でなくてもいい、時間の掛かることだから
でも、明るい目途が付き、希望を持ってみんなで桜を待つ春を迎えたいと思います

福島原発の近くに住み、降ってわいたこの災害の中で大きな影響を受け、
並大抵ではない不便で理不尽な思いを味わい体験しながら 日々の思いを綴っている素敵なブログに出会いました
ご主人は、あの災害から 職務に着かれたまま、未だに早朝から深夜まで不休で働き続けられ、ご自身は
3年来介護の必要なお母様と、幼い甥や姪の面倒を見ながら Here,I am・・・・まさにそのブログ名のとおり健康でしっかりとした暮らしを紡いでいらっしゃいます。
離れていてさえ、行政や流通の混乱には驚きと憤りを覚えますが、現地の方々が味わう困難や理不尽な思いは察してあまりあります。
この災難以来、怒ってばかり・・と仰る mismis10さんですが、彼女は、

”日常をブログに書く事で、こういう思いをしている主婦の目線を、誰かが知っていただけたら、
それも何かの役にたつのではないかとただそう思って書いてます。
ほんとに、文章も未熟で誤字脱字も多いかと思います。でも自分の言葉で伝える重要性があるかと思ってます”

と、書いて下さいました。
mismis10さんのブログです。赤字をクリックしてご覧ください。Here I am
震災直後からの彼女の記事を拝見すると、災害後の福島での過酷な暮らしの様子が良くわかります
そして、この御しようのない、恐ろしい原発を廃炉にしてほしいという切なる思いも痛いほど伝わってきます
そのためのWebからの署名にも参加できます。
良き生活者からの、この災害レポートに目をとめて下さったら嬉しく思います。

大きな樹々、鮮やかな花壇、寛ぐ家族連れや恋人達、小鳥が遊び笑顔がいっぱいの昭和記念公園でしたが
頭上すれすれに沢山のヘリコプターがひっきりなしに飛んでいました。
見上げれば、はっきりと陸上自衛隊、東京消防庁航空隊、警視庁航空隊などの文字が見えました。
広域防災基地・立川飛行場に近い為ですね。
東北に向けて非常時体制にあることを改めて実感しました。

これを書き終えようとする今、22時37分、千葉を震源に震度5弱の地震がありました。
私の所は震度3くらい、でも頻発する地震によって揺れが治まっても暫く怖さは消えません。
東北まで揺れていませんように!と思わず祈ります。

本当に今年の桜は、しず心ない・・ものでした。
来年こそは落ち着いて皆で桜を楽しむことができますようにと心から願っています。



記事へトラックバック 0 / コメント 8


ムクドリの巣作り

2011/04/16 21:05
画像

今朝、雨戸を開けたら垣根の上に、見慣れたこの小鳥が2羽・・・。
オレンジ色の嘴と細い脚、すっきりした体型
軽やかに動きながら、しきりに私の庭を覗きこんでいます。
そしてパッと飛び降りたと思ったら、ガーデンシクラメンの株もとに敷いていたワラをつつき、
こんなに沢山咥えて お向かいの屋根に飛んでいきました。

鳥と通じている仲良しのJUNさんに名前を聞きました。
ムクドリですって! Junさん、素早いお答えありがとう!
夕方、大きな群れで空を旋回し駅前のメタセコイアに舞い降りていくあのムクドリ
こんなにスマートなのですね。

画像

そういえば、先日は新宿御苑のサクラの花びらが散り敷いて、花ニラやタンポポの咲いている中で
しきりに餌を探していましたっけ

こんなにたくさん咥えては、さぞかし飛び辛いでしょう
きっとマイハウスを急がなければならない事情があるのね
若々しいカップルの巣作り
我が家のワラは、もう春になってお役御免です

好きなだけ使っていいよ








記事へトラックバック 0 / コメント 8


あれから一か月

2011/04/12 22:48
画像

桜が開花し、野も町も春爛漫 あちこちから花だよりも届いてきます
美しい季節が また 巡ってきました
画像


本当ならば東北地方からも、そろそろ花だよりが届くころですね
カタクリもショウジョウバカマも、東北の地に待たれている花々です
(写真の花は4/3 薬師池公園で写したものです)
季節を知らせる花を楽しむ日々が早く戻るよう祈ります

一か月たった東京都下に住む私の町の様子をお知らせしましょう
計画停電は当分 中止されホッとしています

でもスーパーマーケットや商店は節電の為 照明も思いっきり消しています
「当店は開店しています」店の入口に大きな張り紙がしてあります
店内が暗いので、外からは営業しているようには見えないのですもの
画像画像

私鉄の駅もJRも、プラットフォームのずらりと並んだ蛍光灯は全部消え
券売機や飲み物の自動販売機も最小限しか起動していません
電車も車内灯はOFF、それでも本や新聞を読んでいる人がいますよ

エスカレーターはスーパーのも駅のもストップ、駅のエレベーターはそれを必要とする方々がいますから
動いていますが、デパートなどは3機あれば1機は休止です
まだ商品の少ない棚もありますが、買えなくて困るものはありません

不便そうって思われますか?
それが、ちっとも不便ではないのですよ
やせ我慢などではなく本当です

今までを省み、今起きていることを見つめ、これからの事を考えたとき
自然にそんな状況を当たり前のことと受け入れています

経済を第一に考えて、このたび大きな不安を招いている原発を それでも必要だという考えもありますが
その考え方も見直さなければと思います
お掃除の仕方も、洗濯も、水やりも、その気になると省エネのためにできることがいっぱいありました
小さな暮らしの中だけでなく、生産や都市機能の中でも こうして見直せば
原発のような危ない物を、不可欠だとしないで済む道がある筈です

アメリカのデータによると、原発のコストがどんどん上がる一方で、自然エネルギーの中では一番高くつくと言われていた太陽光発電の値段が下がってきて、今では原子力発電よりも太陽光発電の方が安くなっているそうです

また、以前TVで見ましたが、アイスランドは地熱発電がさかんです
そして発電で出た熱水は 各家庭に配られ暖房や温水として使われています
お湯はまた発電所に帰って行って暖められ循環しています。
その世界で一番優れた地熱発電装置は日本製です

日本には1万カ所も温泉があり、日本の必要電力の半分を賄えるそうです
アイスランドと日本は同じ島国で同じ火山国
電力の半分がまかなえたらいいなと思いました

我慢は苦じゃないこと、やればいろいろな形で省エネに協力できる事が判りました
ちょっと調べただけでも、地熱というものを知りました
きっと地熱以外にも、いろいろあるでしょう

この度は、地球が生きている証しと言うには、あまりにも悲しく大きな犠牲を払いました
それだけで止まらず、エネルギー源として依存していた炉に起こるべくして問題が起きました

未曾有な大きな災害を経験した今が、こうした暮らしの根源を考え直してみる
きっかけになったらいいなと思います
被災から立ち直ったとき、私たちの国のエネルギーの問題が新たな方向を見つけ目指していることを
願わずにはいられません
こんな恐怖の遺産を次代に残さないためにも

愛らしい花でいっぱいの東北の山を歩くのは本当に楽しく、あの山、この山、山上の湿地帯に咲いていた
小さな星のような花は私の大切な思い出です

瑠璃色の美しい星 地球を守るためなら、たくさん我慢できます



記事へトラックバック 0 / コメント 16


こんなふうに飛んでいます。

2011/04/06 23:56
飛んでいるのは私? いいえ!もっと目に見えない福島発のあれ・・・のことです。

今日は、旬を迎えた茨城沖のコウナゴから放射性物質が見つかり、茨城産の魚が築地でほとんど買い手が付かなかった為、沖に出ていた漁船は漁をあきらめて港に帰って来たそうです。

海ばかりでなく、先日はホウレンソウなどの葉物野菜からも放射能が検出されましたね。

海にも畑にも牧場にも影響が出ているこの時期、いたずらに怖れる気持ちは無用だと思いますが、今、漏れ出している放射能がどのように飛散しているのか知りたいと思っています。
火山灰や花粉の飛ぶ予想は発表されるのに、もっと大事な放射線物質の飛散予報が出ないのは不思議です。
気象庁は やっと政府から指示されて、これらの予想を出しましたが、とても判り辛いです。

中部大学の武田邦彦教授が紹介しているドイツの気象サービス(DWD)の発表した今回の事故による放射性物質の飛散の予報が、見た目に判りやすい上、引用は自由と言うことなので借用してご紹介します。

こうして時間の経過と共に見ると、たとえば4月5日から7日にかけて、福島原発からの風が一旦、南に行き、四国・九州にまで南下し、そこからさらに偏西風で日本列島を縦断して、北海道に達すると予想されています。
もちろん あくまでも予測ですから、必ずこうなるわけではありません。
放射線物質の濃度は、汚染源からの距離の2乗に反比例するそうですし、それぞれに半減期もありますから怖がらなくてもいいという説もあります。 九州や四国、北海道まで来るころには危険ではなくなってるかもしれません。

ただ、たとえどんなに薄まろうと風向きがどうあろうと、こんなふうにUターンして、ほぼ日本中に散らばるということ
が良く判りますね。
こうしたブログによって、いたずらに危機感を煽る気持ちはまったくありませんし、数値から言えば、怖れるに足りないという説もあるでしょう。
でも今 大きな関心の持たれている物が、どのように飛んでいるか せっかく予測が出来ているのですから公表して頂きたいと、天気予報を見るたびに思っています。

着るものや野菜についた放射線物質は、水洗いで落ちることは今回の様々な報道で知りました。
時間と共に蓄積されてきた時、水産物や農産物はどうなるの?
呼吸しているとどうなるの?
体に入ったら、出て行かないの?
体外に出すために一番有効な方法は?

知りたいことは山ほどありますね。

不安や疑問に先手を打って情報を公開し、対策を示す・・・それも大切な危機管理ですから、花粉ばかりでなく、放射性物質も もっと判りやすく毎日 知らせて欲しいと思うのです。





記事へトラックバック 0 / コメント 4


祈りの響き

2011/04/03 23:54
画像


春が近づいていますよ
レンギョウが明るさをまき散らし、すみれもたんぽぽも、つくしやわらびも頭を出しています
元気を出しましょう! 前を向いて! くよくよしないで!
被災者は頑張っていますよ メソメソなんてしていられないのです・・・って

たくさん聞こえてくる掛け声に、はい、元気を出しますって頑張ってきましたよ
余りにも悲惨な状態に
心の痛みを抑え切れず胸が張り裂けそうになりながら
現地の方に比べたら、ここで、めそめそなんてしてはいられないって我慢して

でも今夜は悲しみ悼む思いを抑えず 素直な気持ちでTVの画面に向き合いました
教育TVのN響アワー
3/19 アンドレ プレビン首席客演指揮者によるNY州立大学でのN響の演奏
最後は追悼の思いを込めてバッハのG線上のアリア
それは今まで聞いたこともないほど静かで深い演奏でした

3/16 ウィーンの楽友会協会ゴールデンホールでの
ベルリンフィルの追悼演奏会の模様も放送されました
震災後間もない演奏会 
鎮魂への思いが込められ楽団と聴衆が一つの祈りに結ばれていました
曲目の一部を変更して
リトワスキー作曲の葬送交響曲
まるで今夜のために作曲されたような荘厳な曲でした

昨夜はBS3で、サラ ブライトマン、ベンチャーズ、レディ ガガ、クイーン、ホリー コールなどの
応援メッセージと歌を聴き、歌の伝える力の大きさに打たれ、今夜はクラシックで・・・

涙が溢れました

祈りの響きに、心が癒されたことを感じています

そして今、これを書きながら、大好きなユーミンのスペシャルライブを見ています

これは無条件で元気になります

音楽のジャンルは違っても、伝えられるものの深さ大きさに違いはありません

あふれるメッセージを受け止め共鳴して、気持ちが落ち着きました

音を届けることが出来なくても、思いを届けることは出来ます・・・あれ?(*^_^*)
明日はユニセフに送る絵本を荷造りします












記事へトラックバック / コメント


上を向いて!

2011/04/01 22:35
画像

我が家の一番古いクリスマスローズ、今年も一鉢に102輪の花をつけました。
古い品種ですから しっかりうつむいていますが、こうしてたくさん咲くと庭がパッと明るくなります。

この位の鉢が3つ位ありましたが、昨年の猛暑で一つはすっかり溶けて真っ黒になってしまいました。
本当に暑かったのですね。

画像

画像
後は、少しずつ集めたクリスマスローズです。
新しい品種は黄色い物、チャーミングな縁取りのあるもの、お馴染みになった八重咲きなど、いろいろですが、この頃は、上や横を向いて咲く物が出始めました。
やはり、花の顔が見えないと どんな可愛いソバカス娘なのか、どんなに魅力的な蕊があるのか見えませんもの!
上を向いて!

あの大震災から今日で3週間です。
切なさ痛ましさ、もどかしさ・・・強まるばかりですが、まっすぐに前に向かって進みましょう。
さあ、上を向いて!








記事へトラックバック 0 / コメント 17


<<  2011年4月のブログ記事  >> 

トップへ

Taoつれづれ 2011年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる